読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想ノート

観劇の感想など。一部ネタバレしてます。

暁のヨナ

暁のヨナ観てきました!
六本木のEXシアターは初めてだったのですが、普段ライブで使われることが多いからか、音はなかなかよかった気がします。(アイアに慣れた耳だからかもしれない。)
あと固定席は傾斜がしっかりしてるので、後ろのほうでも全然見やすかった。見やすすぎて、珍しくあまりオペグラを使わなかったくらい。
ただ、暁シート席である前方の稼働席は少しも傾斜がありません。これは、これはどうなの…?いつものオール女性客の舞台ならともかく男性の方も結構いる舞台だったので、前のお客さんによって、下の方で何してるのか見えなかったりしました。暁シート9800円もするんですけど、特典の非売品はペラペラのシールなので、前方席確約という付加価値のために+2000円払ってる感じなんですね。なのに、前方席のほうが傾斜がなくて見えにくいとなると…、どうなんだろう。暁シートのいちばん後ろよりは確実に一般席の最前列のほうが見やすいと思う。割と広い会場だし、席によって金額が違うことが悪いと思っているわけじゃないんだけど、見やすさによって金額が違うというよりは、前の方の席に座りたい人に手数料を求めてるような感じがして、ちょっと違和感を覚えた。見切れ席に定価を払ってるときに感じる違和感に似ている。
あと、暁シートには物販優先の権利があったんだけど、個人的にはあんまり意味をなしてないように思えた。初日は優先されてはいるけど、暁シートレーンの列のほうが長かったし、2日目はそもそも物販に列がなかったような。開場前だと話は別なのかな?でも、開演前ギリギリに劇場に着く会社員のお姉さんにはあまり使えない特典なのだ…。
多分、六本木で、テレ朝が持っている箱で、箱代もかかってるし、キャストも割と揃えてるので、お金もかかってるので、チケットはこの金額なんだと思うんですが、それでもチケット代という観劇の出だしのところで、不満を感じさせないでほしいというのが本音なのです。じゃあいくらならよかったんだと言われると、独断と偏見と経験から算出すると、暁シート10800円(推しの非売品ブロマイド+パンフレット付)、一般席6800円とかはどうですかね。良い席には付加価値を、一般席にはリピートのしやすさを求めたいです。

さて、中身の話ですが、私は原作もアニメも知らず、本当にまっさらな状態で観劇したのですが、意外とわかりやすくはあった。ただ、これは私が計4回観た上に、原作を読み終えたから、最終的にそういう結論に至っただけな気もする。例えば冒頭の四龍を仲間にする流れはさすがに端折りすぎで、1回目の観劇のときは、時系列が全然わからなかった。ヨナハクスウォンの関係をメインに持ってくるのか、四龍をメインに持ってくるのか、ゲストキャラのリリやヒヨウをメインに持ってくるのか、はっきりさせるべきだったと思う。1時間45分という公演時間はテンポよく終わってちょうどいいとも思ったけど、もう少し長かったらわかりやすかったのでは?と欲が出てしまう長さでもある。2回観た後に原作を読んで、3回目に臨んだら正直少し物足りなかったので、原作ファンからしたら好きなシーン削られていたと感じてる人もいたんじゃないのかなぁ。…私はジェハが麻薬飲んじゃったとこ見たかったよ…。

と、ここまで文句ばっかり言ってるんですけど、控えめに行って超よかった。ハマった。チケットを増やした。そして原作を買った。

新垣里沙ちゃん演じるヨナちゃんは最高に可愛くて特にハクにだけ見せる甘えている姿が可愛くて、最高だったし、松下優也くんのハクを見て、本当ツンデレ演じさせると天下一品だと思った。最高に萌えた。
きたむーさんは初めて拝見したんだけど、二次元のキャラクターを演じることに慣れてる感じがした。さすがいろいろ出てらっしゃるだけあるなぁと。キジャみたいな天然で清廉潔白なイメージなかったから、そういう役もできちゃうことに驚いた。
ゼノはアニメから出てきたみたい。いつも思うけど、橋本くんって声どこから出てるんだろう。水の部族編はまだゼノの力は秘められているから、ゼノの見せ場も多くなくて少しもったいなかったなぁ。
さきさんのスウォンは、本当いちばん素敵だったなぁ。オープニングの声色だけで、何か背負っているのが伝わってきて、切なかった。ジュドさんとの絡みもよかった。ジュドさん本人もよかった〜。ちょっとイメージより年上なかんじなんだけど、最後ハクに殺されそうになっても動けないスウォン(ここのさきさんの呆然とした姿もそこまでとのギャップが大きくていい。)を連れて帰ったあとの、振り絞るように「ああいうときは戦ってくれ」と伝えるシーンがすごくいい。泣き所はここだって感じだった。泣きました。

あとは、達成さんのジェハ〜〜!!!!あんな色男の役もできるんだね〜〜!!!照れた!!!セリフの声も低く響いてていいんだけど、セリフのないところやスポットライトが当たってないところでの仕草ひとつひとつが気をぬくことなくジェハでかっこよかった。セリフのないところで、膝立てて座ってヨナちゃんやハクを優しく見つめているところがジェハそのものだった。アクションも足技の表現って難しいと思うんですけど、ちゃんと右脚に龍を宿すジェハのアクションとして成り立っていて、こういう表現が難しいものを運動神経でうまく こなせちゃうのは強みだなと思った。あとご本人もトークショーでハクを止めるシーンにこだわっていると言っていたけど、あのシーン本当によかったなぁ。私はちょっとジェドさんと対比されてるように見えた。ジェドさんは人を殺してもスウォンに生きてほしくて、ジェハはハクに生きてほしいから人を殺してほしくないように見えた。
実はすごく頑張っていたけど原作やアニメのジェハより、ちょっと若めには見えたから少し不安だった。でも、彼のブロマイドは最後のほうは終日完売だったし、贔屓目なしに文句無しの出来だったのかなって思えて嬉しい。ジェハって本当に素敵なキャラクターだから、是非またジェハ役を演じてほしいです。

ストーリーは水の部族領編持ってくるのは間違いじゃなかったとは思うんだけど、原作読んでみたら、私の萌え所と舞台の推し所は少しズレてて、それが私が観劇中に気になった違和感だったように思う。
私は水の部族領編の女の子たちの強さと男の子たちの弱さが明確に出てるところが好き。ヨナちゃんが守られるだけじゃなくて、ハクやジェハの心を救うところがいい。だから、例えば「私はあなたの百倍も早くて重い剣を知ってる」というセリフが「私はあなたよりもっと強い男たちを知っている」という言葉に変わるところは、私は言葉を選んだ人が意味を履き違えてる気がする。ヨナちゃんは別に守られたいわけじゃなくて、ハクの隣で戦えるくらい強くなりたいわけだから。そういう要所要所での違和感は少し気になった。新垣里沙ちゃんのヨナから強さを感じるだけに、セリフだけずれてる気がした。あと、そういう女の子の強さの表現をするには、リリちゃんとアユラ、テトラはアンサンブルにするレベルのキャラクターじゃなかったし、実際出番も多かったから、ちょっと立ち位置とかキャストさんの力量とかでズレを感じたかな。可愛かったんだけどね。

そんなわけでいろいろ不満も漏らしましたが、本当に暁のヨナという作品に夢中になって、原作もみんな読むくらい好きになったのは、紛れもなく舞台が良かったからだし、そういう意味では大成功だと思う。花とゆめ本誌をもう読んでないような私のようなお姉さんたちにこそ、ストライクな世界観のお話だと思うし。第三者へのきっかけ作りは成功したわけだから、今度は是非各キャラクターにスポットライト当てたりして、舞台を続けて欲しいなって思います。テレビ朝日さん次第なのかもしれないけど…。よろしくお願いしますっ!!!