読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想ノート

観劇の感想など。一部ネタバレしてます。

月組 グランドホテル・カルーセル輪舞曲

正直に言うと、グランドホテルは月組の御曹司の待ちに待った大劇場お披露目にしては、少し地味だったと思う。なんかどこが盛り上がりどころかよくわからなかったし。トップ2人より、2番手コンビの方が出番多かったし。だけど、トップスターが盗みを働いてたり、娘役トップスターが年齢を重ねて人気のなくなったバレリーナだったり、2番手男役が家も仕事もない男だったり、決してキラキラしてないキャラクターばかりだけれども、とても愛おしかった。お披露目がこんな真面目な芝居なのが月組らしいなとも思った。

たまきちの役は人によってはきっと情けなくて可愛いキャラクターになるんだろうけど、たまきちが演じると格好良いとしか言えなくなる不思議。肩幅が広くて、がっちりしていて本当に格好良い男役だと思う。個人的に劇団様にはたまきちには、宝塚らしいオーソドックスな役を与えてほしいし、ストレートな男役の魅力で私達を魅了してほしい。登場した瞬間にトップになったということは、別れの日が見えてくるということだと、ふと思ってしまって切なくなった。待ちに待ったトップスター珠城りょうとの日々を大切にしたい。

ちゃぴは今回もすごかったですね。1789のあたりから、ぐっと歌も上手くなり、なんだか娘役トップスターのさらなる上の段階に来た感じ。次も男役?男装?で、いわゆる宝塚の娘役トップスターらしからぬ役のようだけど、またびっくりさせてくれるんだろうなと楽しみ。

みやちゃんはすごいよかったと思うんだけど、私があまり役に共感できなかったというか、共感したら辛すぎて共感しないようにしていたというか…で、うまいこと言えないのだけれど、個人的にはみやちゃんがこういう役も難なくこなすようになったことはびっくりしたな。あんな強ビジュアルの持ち主なのに…。

わかばちゃん/くらげちゃんの役替わりは、くらげちゃんしかみれてないんだけど、くらげちゃんはいわゆる優等生タイプでうまいけど印象に残らないことが多かったので、今回はすごい目が離せないくらいで、急成長を感じた。ビジュアルもとっても可愛かった。わかばちゃんは見てないけど、キャラクターはぴったりのイメージなので、キュートに演じてくれたことでしょう!

お芝居の感想はこんな感じ。個人的にはDVDにならないのは、それはそれでいいかなと思っている。主演2人の恋のように、一夜の夢を見ていた感じがするから。

 

ルーセル輪舞曲はここ数年月組のショーが個人的に当たりまくりだったから、それに比べるとちょっと物足りなかったかなぁ。感覚的な問題なんだけど、なんか途中で集中力が切れてしまうショーに出会うことが何度かあり、これもそんな感じだった。テーマ曲もあんまり耳に残らなくて…。

でも、全体的に若手も出番があったり、さっきまで大人っぽかったちゃぴが若々しく可愛すぎたり、たまきちがリフトしてくれたり、月担としての満足度は高かった。博多座にもこれを持っていくということなので、もっと完成度高いものがお披露目されるのが楽しみ。

 

新月組としては、きっと次の小池修一郎演出、大劇場一本物が、最初の壁というか今後の指針というか、そういう大きいものになるとおもうので、ドキドキしながら、お金をためながら待ってようと思う。