読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想ノート

観劇の感想など。一部ネタバレしてます。

地球ゴージャス「The Love Bugs」

地球ゴージャスの最新公演「The Love Bugs」を観てきた。先々週。


私は基本的に箱推しは不可能だ、人間である以上必ず誰かを贔屓してしまうという認識をもっているのだが、実は以前よりアミューズに関しては箱推しに近い感情を抱いている。
なので、誰が出てようと自然と地球ゴージャスを観るようになり、アミュメンが出ている作品は極力追いかけている。そして、12月1日にAAAというチャリティイベントで五朗ちゃんと寺脇さんのイチャイチャを見て、去年はなかったけど年末にハンサムで盛り上がるのが、私の師走スタイルとなっている。
 
とはいえ、箱推しといえどやっぱり特別な存在というのはできてしまうものだ。私もなんやかんや3人ばかりのアミュメン贔屓してしまっている。
 
ひとりめは桜田通くん。私がアミュメンを幅広く愛しく思っているのは、通がアミュメンを愛しているからである。そして、通はアミュメンを愛してるのと同じくらいアミュメンのファンを愛している。きちんとそう信じさせてくれる。だから、私も通の信じるアミュメンを信じている。アミューズは最高の事務所だと信じるのである。通かわいい。ファンイベントなんとしてでも行くからね。
 
もうひとりが、通と正反対でちっともファンへの気遣いをしてくれないツンツンツンの橋本淳くんだ。通称あっちゃん。かれこれ、推しちゃん以上の付き合いとなる。まあ、彼に関しては特に「ファン」になるメリットはないと思う(笑)観に来てくださいとかあんまり言わないし、正直関係者の皆さんチケットの取り置きはお早めにとツイートした時は殺してやろうかと思った。バレンタインにスタッフの女性陣にもらったプレゼントを披露したときも殺してやろうかと思った。たぶんあっちゃんは私みたいなタイプの客は嫌いなんだと思うけど、少しくらいはこの乙女心を理解してほしい。
それでも、まぁなんだかんだでこの人の芝居は観てしまうのだ。人たらしめ。きっと、10年後もあっちゃんの芝居を観てるんだろうなと思ってる。ちなみに、あっちゃんの芝居を観るときはいまだに赤い服で行く(マジレッドだから)。あと本人は黒歴史だと思ってるだろうけど、私は彼の伊作を最高に愛している。かわいいから。
 
そして、最後が平間壮一くんだ。通称、壮ちゃん。今回の地球ゴージャスではメインキャストに大抜擢されたのだ。この話が今回はしたくて筆をとった。
 
私の中の壮ちゃんはずっとダンスがうまいちっちゃくてかわいい子だった。もちろん大好きなんだけど、それ以外の表現を見つけられずにいた。でも、ここ数年で劇的に変わったと思う。ダンスという金棒を持っているだけのただの人だった彼が、歌も演技も力を入れて鬼になろうとしている。確かに、レディベスあたりまでは歌は課題なはずだった。でもRENTでおや?思い、今回の地球ゴージャスを観て、このまま行けばミュージカルをちゃんとやっていける気がした。ミュージカルという道を選んでくれてることはうれしかった。
壮ちゃんは今でこそ大人気メンバーだけど、近い年齢の中でははるたけ、ドリタク、戸谷水田の後4番手以下くらいに位置していた時期が長かった。宝塚でいうと階段降りできるかできないかの瀬戸際あたりにいたと思う。でも、ダンスしか興味がなかった壮ちゃんが、テニミュのオーディションをすっぽかした壮ちゃんが、ミュージカルという世界に気付いて、頑張って、そしたら仕事が途切れなくなって、今アミューズの舞台でセンターに立ったのだ。原石が磨かれていく過程を目にできていることに、震えている。
 
The Bagsで彼が演じているキャラクターは、まるで壮ちゃんのこれまでをあらわしているようで、胸がいっぱいになった。羽をもがれても、彼は前に進んでくれるらしい。我々ファンも彼の決意をきちんと受け止めて、彼の新しい羽になれるように応援していかねばと気を引き締めた。 
 
そのほかの感想だが、いつも通り五朗ちゃんも寺さんがかっこいいおじさんだった。しろたんもいつも通り大きかった。ただ、蘭蘭コンビに萌えまくってた身からすると、まゆさんとしろたんがくっつく展開は落ち着かなかった。櫻子ちゃんはとっても可愛かった。猪塚氏がなかなか目立ってて感動した。対してゆうちゃんはどうしちゃったのかなと思った。バックでもいい仕事をしてるんだろうけど、探さなくても気づける位置にいてくれないとちょっとさみしい。
何はともあれ、一言でいえばやっぱり楽しかった。観る前は結構内輪ネタが多いと批判されてたけど、許容範囲だったと私は思う。五朗ちゃんの思想が色濃くでるシーンは、まぁいつものことで、いつもふむふむと思ってるのだけど、少しいつもより濃くて長かったかな。しかも今回しろたん死んでて、完全なハッピーエンドじゃないので、それもあってこうモヤモヤしたのはある。もう一回観たら、もうちょっとしっくりきたのかなぁ。うーん、でも私はゴージャスにお祭り騒ぎ的なものを求めてしまっているところがあるので、そういう意味ではちょっとハッピーエンドじゃないのは辛かったかなぁ。
 
そんなかんじです。
とりあえず言いたいのは、アミューズっていいよねと言うことと、壮ちゃん最高ってことですかね、やっぱり。